忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダンガンロンパED曲の騒動について
アニメ『ダンガンロンパ』エンディング曲の告知CM動画が公開も酷評の嵐 – ガジェット通信
絶望性:ヒーロー治療薬とは (ゼツボウセイヒーローチリョウヤクとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

まぁよくある
「歌があまり上手くない上アニメと全く関係のないアイドルに主題歌を歌わせたらアニメファンの怒りを買いました」
と大体似たようなもんなんだけど

いつものアイドルと違って今回は色々と不安を覚えた
その理由



■「歌い手」「ボカロP」「ニコニコ」のイメージを大幅下げたのがショック

元々イメージが悪くアンチの多かった歌い手、ボカロP。
でもここ数年プロデビューしてアニメの曲に関わった歌い手、ボカロPが良い曲を作り続け「あれ、意外と悪くないじゃん?」とじわじわ評価されはじめた。
その矢先にこれ。
しかも有名アニメのEDで聴いた人の数が多かったため、せっかく築き上げてきた印象をたった二人で台無し。
まぁどちらかというとこの二人より採用した人のほうが悪いんだけども。



■ニコニコの再生数を真に受けてしまってる人がいる事実が怖い

本人の技量やファン層の狭さを全く考えず、
「ニコニコでこんなに再生数高いんだしこのままトレーニング無しでプロとして採用しても受けるんじゃね?」
…と安直な判断をしてしまってる人が
アニメ製作の上層部にいるという事実が判明してしまった。

これをきっかけにこれからも似たような事が起こりそうで怖い。
逆に言うと今まで歌い手、ボカロPをプロデュースしてきた人達はその辺よくわかってて慎重だった。


■ファン(の一部)が怖い
アイドルの場合どんなに下手と言われようがそんなに反応するファンを見ない。
が、今回の場合ファンの反応がいつもと違う。

・みんな嫉妬してるから叩いてるだけ
・嫌なら見るな
・これより上手く歌えない人は批判するな
・○○さんを傷つけるなんてひどい、かわいそう
・この良さがわからない人は耳がおかしいだけ

こういった行き過ぎたファンの言葉が逆にアンチの叩きに火をつけこの騒動を盛り上げてしまっている。
多分ファンの年齢層が低く、世間慣れしてなく周りが見えてない人が多い。トラブルが起きやすそうでとても扱いづらそうなファン層。


■ニコニコと商業プロの境界線がなくなるのが怖い

ニコニコ出身でプロになった人は沢山いるけど、大抵は元々ニコニコらしくない技術力の高さを持っていたり、もしくはある程度訓練してからプロデビューするので今回の件のようにニコニコ特有の素人レベル・作風そのままデビューはあまり見ない気がする。
ニコニコだから許容されて楽しむことができた素人っぽさ全開のまま商業でだされても困る。


同じような恐怖はこちらのニコニコ動画投稿者のプロデビュー例でも感じた。
朝霧カフカとは (アサギリカフカとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
簡単にいうと「ニコニコ(同人)だから許された版元に許可をとらない版権パロディ動画をほとんど変えずに商業漫画化」
PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]