忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女主人公で燃えアニメをやるとイマイチ燃えられない事が多いという話
結論としてはちゃんと女主人公で燃えられた作品もあるので、別にやれない事はないんだとろうなーとは思う。
ただ萌えアニメでやろうとすると、制約が多くて厳しいのかもしんない。

以下女主人公の燃えアニメを見てひっかかった点いろいろ


■大人しい内気な女主人公が多い
少女漫画や萌え四コマのテンプレ主人公。
日常系や青春系なら良いんだろうけど、燃え作品には向いてない。


「大人しい女主人公のバトルもの(スポーツもの)」という時点でもう盛り上がらないのがわかってしまって見る気なくしてしまう。
なんとかなる時もあるが、かなり工夫が必要だと思う。


以下大人しい女主人公だけどなんとか工夫してたように思えるアニメ。

・魔法少女まどか☆マギカ
脇キャラ(ほむらやさやか)を実質主役にしていた。
ほむら過去回は燃えたけど、いまいち共感を持ちづらいダークヒーロー的性格なので主人公向けのキャラでは無い気はする(個人的にはダークヒーロー女主人公も歓迎ですが)

・咲-saki-
正直微妙な主人公だと思うけど、群像劇化していったのでなんとかなった感じ。
脇キャラを主人公ポジションにし、元々の主人公はラスボスのように描きつつある。

・ガールズ&パンツァー
典型的大人しい受身コミュ障主人公かと思ったら、試合シーンでは意外と頼れるリーダーシップっぷりを発揮してた。
といっても試合シーンになるとガラッと別人格になるという訳でもなく、自然な描写。

・ステラ女学院高等科C3部
最初はよくある気弱コミュ障主人公と思われたが途中でメンヘラ化し病んでしまい、性格が豹変していった。
ただコミュ障なのは変わってないのである意味ブレてない。変り種主人公。
アニメ内容についてはノーコメント。

■自分から行動しない、巻き込まれ女主人公が多い
大体上のと同じ
昔ながらの女主人公ともいえる

■成長しない女主人公が多い

女主人公だとハングリー精神がないので大抵劇的な成長はなくせいぜい「コミュ障直って友達ができ友情を深められました」程度で終わりがち。

■個性のないテンプレ女主人公が多い
毎回どこかで見たような無難な主人公すぎて何の新鮮味もない
(シナリオを作りやすくする都合上、仕方ないのかもしれないが)

■基本的に友情、博愛、平和の事しか考えない

萌えアニメの女主人公は純真無垢に描かないといけないという決まりがあるせいなのかどうかわからないけど、
とにかく「努力・友情・勝利」の「友情」だけ抽出したような心の綺麗な良い子ちゃんが多い。

スポーツものでも「勝てなくても楽しければいい」「勝てなくても友情を深められればいい」「弱くてもみんな仲が良ければいい」みたいなノリ。
そりゃ燃えられない。

その点「ちはやふる」はちゃんと勝つ事や強さに執着する主人公で良かった(ただし萌えアニメでは無い)

■主人公と同じチームの仲間達がただの小綺麗な友情関係で終わってしまっている
黒い部分や汚い部分が全くない純粋無垢な良い子ちゃん達が最初から友情度MAXでなかよしこよしして終わり。
大ヒットした「けいおん」辺りを参考にしてしまい萌え四コマのキャラ設定そのまま燃え作品にもってきてしまった例であり、平坦すぎて何の面白味もない。

特に「ガールズ&パンツァー」「咲-saki-阿知賀編」で強く感じた。
「魔法少女リリカルなのは(初代とA's)」も下手するとそうなりだった所を、片方を「本当は良い子だけど事情があって敵対する敵キャラ」にして回避してたのは上手かった。


■せっかく燃え要素のある女キャラが脇役に配置されてしまっている

もったいない…。
脇役が良主人公しすぎて、本来の主人公が脇役に食われて空気。
「こっちが主人公だったら楽しめたのに…」と思う事が何度も。



◆個人的に好感持てた女主人公

・「リリカルなのは」シリーズ
能力も性格もあらゆる面でハイスペックだった。8歳なのは無理がありすぎるけどこんぐらい主人公してくれる主人公なら許せる。
この手のハイスペックキャラは嫌味を感じたり人間味を感じなかったりして不気味な事が多いが、何故かこの主人公はそんなに嫌悪感なかった。
ハイスペックさを強調したり、周りの人がすげーすげーと持ち上げるようなシーンがあんま無かったせいだろうか(逆にその辺下手だったのがガッチャマンクラウズの主人公)

あと(やる必要はないと言われたにも関わらず、)自分から魔法少女として戦いに協力する宣言をしたのが好感持てた。
他のアニメだと周りの人に無理矢理強制されて仕方なく戦うような主人公が多かったんで。

・ちはやふる
とにかく行動力が凄い巻き込み型主人公。
純粋に戦い(この作品上では競技)好きで、友情だけじゃなくちゃんと勝つ事に執着。
ただしレディコミ連載漫画であり、別に萌え作品ではない。

・ラブライブ!
平凡なスペックだけど人一倍頑張るという、朝アニメ主人公という感じ。
こっちも珍しく自分から行動する巻き込み型主人公。
でも怠け者設定なのか頑張り屋設定なのかなんかよくわからなかった。普通に頑張り屋で統一してたら心の底から好きになれた気がする。

・モーレツ宇宙海賊
特に無個性という訳ではなく、自分の意志をもっていて印象良かったんだけど
癖が無さ過ぎていまいちこういうキャラと言い辛い。



・キルラキル
実質男のようなキャラなので、これをカウントして良いのかどうかは謎。
でも女の子らしい所もあるのは良かった。


※シンフォギアも評判見る限り良さそうだけど、まだ見てない。


◆ほか
女の子主人公、女の子メインの燃えアニメは昔からあるにはあるんだけど注目され人気ではじめてきたのはここ数年ぐらいなので、まだスタッフがどうしていいかわからず試行錯誤しているのを感じる

多分少年漫画に出てくるような少年を女体化したようなキャラを活躍させるのが一番楽なんだろうけど、そうなると萌え方面が厳しい
そもそも女の子らしい、女性的な燃えキャラはあまり描いてる人をみたことがない

バトルアニメ・競技アニメの女主人公はいまだに「大人しくてコミュ障で巻き込まれ型な、ひたすら友情を重視する優しい良い子ちゃん」が多い
(燃え路線目指してるのでなければ別に良いんだろうけども)
PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]