忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

創作における個人的地雷メモ
いまでも創作でよく見かける要素なので、結局は私の好みじゃないってだけなんだろう。

特に「命を軽く扱ってる」「過度に脚本の都合でキャラが作られ、動かされてる」「特定のキャラが作中で贔屓されすぎてる」のが地雷っぽい。事前に地雷かどうか判別できないのもつらい(とりあえずラノベやガンガン系列漫画を避ければいいというのはわかってきた。ガンガン系でも妖狐×僕SSはあまり地雷がなくて楽しめたんだけども)


・虐待、死亡、レイプ、妊娠等の重い設定を軽く扱い、あっさり解決してしまう(ケータイ小説なんかが近いのかも)

・1人のキャラがあまりにも高スペックすぎる(美形、金持ち、頭脳明晰、スポーツ万能、ケンカに強いなど)
→それに何か理由があったり、致命的な欠点があったりするならアリ

・明るい普通な子、大人しい文型の子、気の強いスポーツ万能な子の3人組
→ベースがそれでも細かい設定で個性を出してればアリ

・主人公を持ち上げるためだけに作られたような脇役(※モブではなく主要キャラ)

・モブや脇役バッタバッタ死ぬが、主人公や人気が出そうなキャラだけ傷がつくこともなく死ぬこともない(それでいてダークさや残酷さを売りにしていると更に萎える)

・主人公の精神的成長や話を盛り上げるためだけに脇役キャラが死ぬ展開

・真面目なシーンで不自然にパンチラや乳揺れ

・人の命がかかってる深刻なシーンで笑顔でカッコつけたセリフやギャグセリフを言いながら敵を倒す
→狂ってしまっている等、何か事情があればアリ

・人の命がテーマなのに人の命がかかわるシーンをギャグで済ます

・横暴なキャラが善良なキャラを一方的にいじめて笑いをとるギャグ(いじめた後フォローもなし)

・人間というより人の形をした障害物や災害でしかない、いかにも話を盛り上げるためだけに作られたような悪人キャラ

・美形キャラは全員強く、醜いキャラは全員弱くバトルでみっともない倒され方をする

・頭脳系キャラの頭の良さを表現するために他のキャラを全員頭が悪いキャラにし、そのキャラ達が頭脳系キャラを頭脳明晰だと褒めまくる

・主要キャラ達の善良さを強調するため他のキャラを全員記号的なクズキャラにする
→荒廃して殺伐とした市民だけ残った都市が舞台だとか、納得いく理由があるならアリ。ごく一般的な現代日本の土地が舞台だとつらい。

・ギャグとシリアスがごっちゃになっていて、ギャグが面白くなくなりシリアスの緊迫感が薄くなっている

・すべてをリセットして解決するオチ(夢オチ、最初に時間を戻すオチ、精神世界だったオチ)
→途中でそういうオチになるとバラしていて登場キャラも納得していればアリ

・ギャグ担当以外の何者でもないオカマ、同性愛、マッチョ、変態キャラ
→もちろん最初からギャグやコメディ作品なら気にしない

・作者も意味を特に考えてない、意味不明ストーリー
→オサレ・アート系絵の作品だとそういう事が多いのでオサレ絵を見ると警戒しがち

PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]