忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近見たTVアニメだらだら感想メモ
だらだらと。

◇◇◇前置き
ほぼweb配信で見てます(おかげでノイタミナ系が見づらい)
基本的にハーレムラノベ、萌え四コマ系。は視聴しない。
新作アニメ情報はうずらインフォさんから。

◇◇◇2013冬
■となりの関くん
ただの教室の片隅をここまで壮大な世界にできるのかと感心。
ワンパターンアニメかと思ったら定期的にパターン外しを入れ工夫されていて感心。

■そにアニ
悪くはないけど、もっと思いっきり弾けて良かったのでは?
リアル寄りな日常系アニメなのかファンタジー成分入ったぶっとんだアニメなのか中途半端で混乱してしまった。
(回によって作風をきっちり分けるならアリだと思うが、リアル回にマネージャーのようなファンタジーなキャラがいると不協和音が出てしまう)
お色気表現に嫌味が無いのと、ひたすらそに子だけ描くのではなくあえてそに子の周りのキャラ達を丁寧に描く事によりそに子を立体的に描く手法は好きだった。
あとマネージャーさんと鈴ちゃんのキャラが良い。

■スペースダンディ
うえのきみこ脚本回が神がかっている。
脚本がイマイチな回でもへっぽこ主役3人を眺めてるだけで癒されるのと作画が非常に良いのでそれなりに楽しめる。

普通に作ったら一般人が寄りつきにくいオサレアニメになりそうだった所を、昔の子供向けアニメのようなしょうもないギャグと頭悪いけど憎めないキャラ達で上手く親しみやすいアニメにした手法が面白い。

これや戦コレみたいな各回を担当したスタッフの個性を存分に生かすオムニバスアニメは好みだけど、企画通りづらいんだろうなぁ…。

■ズヴィズダー
面白くないんだけど面白くない理由を具体的に言葉にして指摘しづらい謎のアニメ。
多分王道エンターテイメントの基本を抑えてなくそれでいてスタッフの個性を生かした尖った部分がある訳でもなく、どっち付かずになってしまい見所がなく退屈だったのがまずい。
あとシリアスとギャグの同居が致命的に下手で、シリアスはギャグにひっぱられ緊迫感がなくギャグがシリアスに打ち消され笑えなくなってしまってるのもまずい。

スタッフは大物を揃えてるのにいったい何があったのか…。むしろ何をやろうとしてたのか…。全く大物じゃないOKSGさん回は良かったです。
ある意味これの真逆をいってたのがスペースダンディだった(王道エンターテイメントも尖った個性も両方やれてる)
見てて眠かったので飛ばし飛ばしで視聴。

◇◇◇2014春
■ダイミダラー
しょうもない下ネタロボアニメを真面目に熱く作るというアニメの作風自体は好みだった。
ただ敵キャラ(ペンギン帝国勢)以外のキャラに愛着を持てなかったのが辛くて途中から飛び飛びで見るようになってしまった。
「スケベキャラ」「スケベ被害者キャラ」「バカップル」といった一つの属性以外に専念しすぎてそれ以外の面を描かなかったためキャラが平面的になってしまってたのと、生活感のある日常描写が少なすぎたせいだと思われる。
アニメはキャラは大事だなぁ…と改めて実感させてくれた作品。

ちなみに似たような作風でちゃんとキャラに愛着わいて楽しめたのがイクシオンサーガDT。


■悪魔のリドル
一見シリアスで殺伐してるが、実際見るとギャグが多くほんわかしていて見やすかった。昔のB級少年漫画のようなぶっとんだ設定やご都合主義が心地良い。
それでいて本筋である主人公とヒロインの話はちゃんと綺麗にまとまってたのも好印象。単純に「王子様とそれに守られるお姫様」ではない関係性が良かった。

「見た目はクールで怖そう、中身はヘタレ」萌え属性があるとツボにくるキャラが多い。
ただキャラ多すぎて魅力がわかる前に終わってしまったキャラが多かったのが残念。キャラ数半分で良かったんじゃないですかね…。
あと百合アニメと宣伝してたのに良くも悪くも主役二人以外百合は薄い。
これから見る人は藤咲あゆな脚本回は飛ばして視聴しよう!理由はお察しください。

■ラブライブ!2期
1期のようなぶっとんだギャグ+青春部活アニメを期待して見たら、けいおんだった。
途中で視聴終了。
にこ回は好きだったよ。

■WIXOSS
とても楽しめた。
盛り上がるのは中盤からなんだけど、序盤から無機質的でホラーチックな背景やサウンドや演出好きだった。特に効果音とBGMの区別がつかない独特なサウンドがツボ。
こういうあえてキャラを殺さないでじわじわ苦しめていくような欝アニメは好み(深夜アニメは安易にキャラを殺して盛り上げようとするものが多いため余計にそう思う)
岡田麿里脚本で初めて楽しめた気がするよ…プロデューサーや監督が脚本調整頑張ったんだろうか。でもクズモブはやめよう!

深夜販促アニメはオリジナルと違って作者の自己満足ではなく視聴者狙い撃ちで尖ったアニメが多いことがわかったので、今後も忘れずチェックしたいと思う。

■メカクシティアクターズ
原作者自身による素人脚本目当てで見た。
料理経験が殆ど無い人がおいしい素材を使ってレシピを一切見ないで自己流で料理。そんな脚本。
面白いかどうか以前に目が滑って話が頭に入ってこないので、途中から飛ばし飛ばしで視聴。
複数の楽曲が原作なのでキャラ数や視点が多くごっちゃになってるのは仕方ないが、せめて長い説明セリフをまとめるよう指導したほうが良かったんじゃないだろうか?

作画も演出も安っぽい。
シャフト特有の奇抜なアーティスティック演出は嫌いではないのだけれど、目新しくセンスの良い演出がテンポ良く出てきた化物語と違って延々同じような演出のだらだら繰り返しで飽きてしまった。
ささみさんも似たような印象だったし低予算二軍監督のシャフトは毎回こんなんなんだろうか。


□後から全話視聴するかも
・シドニア
・ハイキュー


◇◇◇2014夏

■プリパラ

■スペースダンディ(二期)

■ハナヤマタ























PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]