忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スマートフォンを買うときに見るスペックメモ(2016/1)
・スペック良すぎてもその分発熱がすごかったりバッテリー減るの速すぎたりする事もあるんでレビューみて確認
・下記で例に挙げているスマホはすべてSIMフリースマホ新品

■OS種類
基本AndroidとiOSのどっちか
出荷時期によってバージョンが変更される

■内臓メモリ:ROM(ストレージ容量)
8GB…大容量のゲームや音楽・動画を入れるのには不向き
16GB…標準的な容量
32GB…十分すぎる容量

大きければ大きいほどいっぱいデータ入る。
でも足りなくてもSDカード挿せばなんとかなる。

例えばAscend G620Sはそのままじゃ8GBしか入んないけど三千円ぐらいでSDカード買ってくれば最大64GBまで増やすこともできる。ただし入れられないアプリもあるのに注意。
・参考:Ascend G620SはSDカードにアプリの移動が可能!64GBのmicroSDも認識するよ! - SIMフリー遊び

■内臓メモリ:RAM
1GB…ほぼゲーム不可
2GB…標準的
3GB…重いゲームが快適

■外部メモリ
上の「内臓メモリ:ROM(ストレージ容量)」で書いた通り、データ容量が圧迫された時SDメモリカード買ってきて挿せばもっと入れられるようになる。
そのSDカードでどういったものに対応しているか。

■CPU:クロック周波数
1.0GHz…1万円の動画やゲームに向いてないロースペックスマホこのへん
1.2~1.3GHz…SIMフリー機で一番多い2~3万円台のスマホがこのへん
2.0GHz…このへん越えると4万円台越えていく

■CPU:コア数
クワッドコア…
オクタコア…8コア

多いほど複数の作業同時にやっても遅くならない。

■バッテリー容量
2,000mAh…微妙
2,500mAh…ゲームよくやるならこれ以上ほしい
3,000mAh…スマホにしてはたっぷりな容量
4000 mAh…Ascend Mate7ぐらいしか知らない

基本スマホはバッテリー貧弱なものなんで外付けモバイルバッテリー買って補う人が多い。

モバイルバッテリー買う時の参考。
【2015夏版】アマゾンで人気の大容量モバイルバッテリーをガチ検証! おすすめモデルはこれだ!! - mitok(ミトク)

■画面解像度
1,280×720…標準的な画面
1920×1080…高精度な画面

よっぽど高精度な画面を見たいのでなければ1,280×720あれば気にしなくていい気がする。

■サイズ
3.5インチ…geanee FXC-35とpiguしか知らない。画面は小さいが解像度が大きければ見やすいらしい
4インチ…小さめ。手の小さい人向き
5インチ…標準
6インチ…デカい。女性の手には大きすぎるという声も
7インチ以上…ここまでくるとタブレットPCの領域

■充電器
中にはついてないスマホもあるので注意。



■ほか
新品SIMフリー価格目安。
15,000円前後…スマホで通話・メール・LINEぐらいしかやらない人
25,000円前後…そこそこサクサク動くスマホほしい人(一番種類の多い価格帯。一番需要が高く売れてるのかもしれない)
3~4万円…満足度の高いスマホほしい人


PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]