忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中古白ロム+MVNOでスマホ持ってみたよメモ
・スマホを安く持ちたい
・通話は連絡時以外あんま使わない
・ゲーム色々やってみたい
・消耗怖いからバッテリーを安く自力交換したい
・自宅にWiFiあり

↑このへんをテーマにしつつスマホ持ってみたよ。

(0)下調べをする
MVNOやSIMフリーでちょっとググっただけで情報溢れまくりで情報選択に時間かかった。
ホントスマホ社会やなぁ…。
とりあえずSIMフリースマホか中古でキャリアスマホの白ロム買って、MVNO契約(OCN以外はクレカ必須)して、自宅に届いたSIMカードをスマホに挿せば使えるということはわかった。

(1)スマホを選ぶ
とりあえず無難にdocomo回線とLTE(高速通信)対応スマホに決定。
機種多すぎて選べねー!!!…と思いきや
「バッテリーがいつでも2000~4000円で買えて自力で交換できる」という条件入れたらかなり数が絞られてしまった。
SIMフリー機なら最近発売されたLiquid Z530の新品
docomo機白ロムならGALAXY S4 SC-04E(3年前ぐらいのスマホ)の中古が候補に上がる。
迷いに迷ったあげくGALAXY S4 SC-04Eに決定。
多分Z530がSC-04Eぐらいスペック(主にCPUとメモリと解像度)高かったらZ530にしてたと思う。やっぱ新しい機種の方が安心できるし。

(2)MVNOを選ぶ
・docomo系
・1GBが選べる
・バースト機能がある
・パケットが余ったら次の月に繰り越し
・低速モードにいつでも切り替えられ、低速モードだとネット使い放題

↑この条件にあてはまるものを探したらIIJmio、DMM、mineoなどが該当。
評判見たらmineoの回線安定っぷりが評判良かったためmineoに決定。

(3)スマホを買う


(4)MVNO契約
まずはAmazonでmineoエントリーパッケージを注文(これ使うと契約金3000円が1000円程度になる)
3日後メール便で自宅に届く。
ちなみにこれはSIMカードではなく、エントリーコードと簡単な解説書しか入っていない。

価格.com - 格安SIMカード比較 - MVNO各社のプラン情報ページからエントリーパッケージに書かれた番号を入力し契約(このページ経由だとお得になキャンペーンに参加できる。内容はその時期によって変わる)
契約プランや自分のスマホと対応しているSIMカードの種類を選ぶ。
自宅WiFiあるからあんまり使わないと思うんで通話+1GBプランにしてみた。

数日後mineoからSIMカードと契約書類が届く。
スマホの電話番号やメールアドレスもここに書かれている。

(5)SIMカード装着
スマホ付属の説明書を見てSIMカードの挿し方を調べる。
(中古で説明書なしのものを買った場合メーカー公式サイトにある説明書見るしかないと思う)


(6)WiFi接続
自宅にWiFiがあると自宅にいる時はパケット消費することなくネット使い放題になって通信費節約できるので、設定することにした。

























PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]