忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アニメ版「がっこうぐらし」がつまんなかった理由
アニメ一話見て興味持つ→電子書籍で原作買って最新刊まで読む→アニメ最終話まで見る の流れ。

漫画版は面白かったけどアニメ版はつまんないなーでもそんなに出来が悪い訳じゃないよなー理由がよくわからないなー
と思っていてなんとか言語化したのが以下

原作漫画版:キャラがそれなりに人間味のある
アニメ版:キャラがアニメアニメしてる

普段ほのぼのとしててもたまにクールだったりギスギスしたり発狂したりして「あー本来なら狂いそうなのを頑張って抑えてほのぼの日常やってるんだなー」と読者に共感させられた漫画版の女の子達と違って
アニメ版はアニメによくある何の裏もなく純真でまっすぐで鋼メンタルな女の子達に見え
恐怖の表情やリアクションもホラー顔芸の領域に足を踏み入れつつあった原作と違って可愛さを損なわれない範囲内の大人しいものにおさまっており
それでどんなにホラー展開になっても「アニメキャラだし大丈夫やろ」と緊張感も恐怖感も薄かったの
かも
しれない

単純に可愛い日常描写が下手で退屈だった
というの

ある

可愛い日常描写に尺とりすぎにかんじましたね…(原作にないシーンもあった)
めぐ姉ぇ以外の大人キャラを回想でちらっと出たモブ教師以外削ってたのも、CGゾンビのハリボテっぽさも、黒幕の存在にさらっとしか触れなかったのも、緊迫感の薄いおままごと演劇化させた一因となっていたかもしれない



原作とアニメで脚本家(シリーズ構成)が同じなのになんでここまで路線が変わるのかわからない
アニメは一人で作るものじゃないし他のスタッフのアドバイスがあったのかもしれない
そこを監督のせいにしていいのかわからないが
たぶんこの監督はアニメに面白いと感じるポイントが自分と致命的にズレすぎてるので今後この人が作るアニメは見なくていいかなーとおもった
PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]