忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こぴはん
2034年5月21日午前9時14分(1話)


前々から凄まじい糞アニメ臭を感じとってたので期待して見たら全く期待を裏切られず満足した。
配信前のインタビューで「まだまだ謎の多い『こぴはん』」と言われてたけど、どういうアニメか言うと視聴者減ってしまうので言えなかっただけですねきっと。

このままの流れで2034年を迎えても大丈夫なのか? そんな警鐘を鳴らすようなストーリーも組み込んでいきたい

この一話からどうやってここまで持っていくのか、普通に無かった事にするのか、たのしみだなぁ。


ニコニコ動画でのコメントの方向性が全員一致しているのがとても心地良い。荒らしとは無縁の世界です。
隔週配信で毎回5~6分と苦痛の時間が短くて済むのでクソアニメ初心者にも気軽にお勧めしたいアニメ。


2034年5月21日午前9時14分(2話)

作画だけは良いアニメだったけど2話にして既にその作画すら破綻したぜ!回。

ひたすら背景が横に流れるスライドショーの中双子がラジオ番組。
前回の野球回の面影は全くなし。


とりあえずギャグアニメとして解釈すればいい事はわかってきたので、何度か繰り返し視聴しギャグを理解してみようと試みたけどついコメントを読んでしまいキャラのセリフが頭に入ってこなくて困る。というかコメントの方が面白い。
多分今のところギャグは寒いオヤジギャグかマニアックすぎて良くわからないギャグのどっちか二択な気がする。
そういえばクレジットに脚本家がいないんだけど誰が書いてるんだろう。いや名前出さない方がいいと思うけど。

2034年4月9日午前10時32分(3話)

未来設定が初めて生かされたぜ!現代でも普及しているオサイフケータイだがな!回。


やばい、微妙に面白いと思ってしまった。その内箸が転がるシーンだけで爆笑してたら怖いなぁ。
「いやです」の後の描写の省略っぷりはテンポ良くて好き。が、やはり始終淡々としていて冗長でオチはない。

相変わらず動かないけど女の子の顔は毎回綺麗に描いてるので、初音ミクみたいなグッズの売れる萌えキャラを作るための企画なんだろうなという事はなんとなくわかる。KEIにキャラ原案担当させてるぐらいだし。
問題は低予算企画なのに背伸びしてラジオドラマでも紙芝居でもFlashアニメでもなくアニメを作ろうとしてしまった事なんだろうけども。


こぴはん7不思議
謎の実写番宣
・5分アニメなのに無駄に長いOP
・本編に反映されない未来設定
・未だに誰なのか判明していない主人公
・何話なのか判断しづらいサブタイトル
・謎の隔週ごとの全話上げ直し
・何故か自分に対してのレスではないツイートにまで小まめに反応しているのが怖い公式Twitter

2034年6月22日午後8時0分(4話)
女の子の絵が可愛いからとりあえず見てもらえてたアニメに一話まるまる男キャラだけとかどうするつもりなんだろうこれ。

2034年6月23日午後6時46分(5話)
あれ、割と楽しかった。
最後にもう一段階オチがつけば普通にギャグアニメとして成立してると思う。
3話と5話だけ見れば印象変わりそう。この二つだけまともに感じるのは何をやりたいのかちゃんとわかるからだろうか。

2034年6月1日午後12時20分(6話)
女の子がただひたすら無言で校内を歩き教室で2話のラジオ番組を聞いて終わり。
今まではつまらなくてもキャラの自己紹介にはなっていたけど今回は自己紹介にすらなってないという糞アニメ愛好家に一番お勧めしたい神回。
特に校内を歩くだけシーンは作者の意図が読めなさ過ぎて哲学すら感じます。

2034年12月2日午後2時35分(7話)
超能力とかある話だったんですね。最終回にして初めて知ったよ…。
未来の電子マネー設定についてわかる子供達のやりとりは好き。
それにしても7話だけで被害がとどまって正直安心した。


総評

良かったところ
・KEI原案のキャラ絵がかわいい
・OP曲
・声優(該当声優ファンのみ)
・数分なのでダメージが少ない

悪かったところ
・良かったところ以外全て



有料配信してますが金の無駄以外何物でもないので
無料配信だけ見て「どうしてこんなアニメの企画が立ってしまったんだろう…」と思いにふけてみるのをお勧めします。


PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]