忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人類は衰退しましたおもしろい


一応スタッフの名前を見て期待してはいたんですが、想像以上に良かった。


■空気の読めるアニメ作り

ちょっと野暮ったいけどかわいいキャラデザ。
個性的な配色の絵本みたいな背景。
始終ほんわかとした雰囲気で時々毒。
ほんのり狂気を感じる幻想的なED。

OP曲ぐらいですかね、空気読めてないの。(それも映像を工夫する事によりそれなりに馴染ませてる)


■評判のいい原作の文章をしっかり生かしてる

ラノベ原作だけあって長文セリフ・モノローグが多いけど結構聞き取りやすい。
主人公や妖精さんの独特なセンスで書かれた言葉を聞いてるだけでたのしい。

ダメ人間がいちいち小難しい言い回しで笑わせる主人公の長文モノローグは四畳半神話体系を思い出す。


■主人公のわたしちゃんかわいい

原作読者には「世界観は良いけどキャラは薄い」「萌えが全然ない」「妖精さんや助手さんかわいいよね。え、主人公?何それ」と言われてたのに
アニメ組には「賢くてほんわかした毒舌お姉さんって新鮮!かわいい!」と評判。

つまり原作になかった表情、仕草、声優の演技のおかげですね。
アニメスタッフGJ


■妖精さんかわいい

原作を読んだ時想像してた通りの外見、声、動き。
子供なのか大人なのか、頭良いのか悪いのか、善なのか悪なのかよくわかんない不思議生命体っぷりが良く表現されてる。

でも常に口開けっ放しなのは意外。作画節約目的なのか、静かな狂気を出したかったのか。(原作の絵は口を閉じるし表情もある)


■ほのぼの+毒
「ひぐらしの鳴く頃に」「魔法少女まどか☆マギカ」の例を見てもわかる通り、「ほのぼのとした可愛い絵柄やキャラで毒のある内容」のアニメはオタク受けが良い。
でも毒の入れ方を間違えると逆に嫌われてしまう事もある。

このアニメは時々毒を混ぜて飽きさせないようにしているけど、決してやりすぎず上手くバランスとっていて後味爽やか。


■大胆な時系列シャッフル

原作のレビューを見ると「一巻は大人しく感じたけど二巻からだんだん面白くなってきた」という感想が多い。

ニコニコ動画での一話再生数や原作を読んでない人のアニメ一話感想を見る限り、
新規ファンを獲得するという目的では掴みの良い話を一話にもってきたのは良い判断だったと思う。
その代わり原作ファンには不評だったみたいだけど。


■でも、過大評価してるかもしんない

・原作者が年季の入った根強いファンの多いライター
・深夜アニメとしては珍しい設定・内容
・萌え、エロ、BL(※腐女子ネタはあったけど)どの方面も狙ってない、かといって渋アニメやオサレアニメでもない
・放送前の注目度が低かった、低予算な割にがんばってる


この辺が原因でつい過大評価してしまいがちかもしれない。私も含めて。
それと、言葉や展開のブラックユーモアさが楽しい・キャラがかわいいと思わない場合ただの退屈な朝アニメという印象で終わる事もありえる。


まぁあまり期待しすぎず、「好みに合えばいいな~」ぐらいの気持ちで試しにチェックしてみるといいんじゃないかな!
とりあえずこれに似たアニメがあんまり無いのは確か。
PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]