忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オシャレ系作品は何故ストーリーが意味不明になるのか
・オシャレ
・アート系
・雰囲気が良い(いわゆる雰囲気系)
・ハイセンス
・(ビジュアル方面で)独創的

この辺の創作作品はストーリーに起承転結がなく意味不明になる率がすごく高い気がする。
京騒戯画なんかが良い例(正直キービジュアルみた時から物語意味不明アニメになりそうな予感がしてた)


どうしてこうなるのか理由を適当に考えてみる。
作者じゃないので当たってるかどうかは不明。

(1)ストーリーよりビジュアルを最初に作ってるから
「こういうシーンの絵や映像を作りたい!」→そのシーンを作るためにストーリーを後付け。
これを繰り返していって作品を作ったらそりゃストーリーは散漫としぐちゃぐちゃになる。
これはストーリーものじゃなく一枚イラストやPV作れば特に問題ない話。

(2)神秘的な作品にしようとして意図的に謎だらけにしてるから
雰囲気を良くするにはストーリーを謎めいたものにするのが一番お手軽。
大抵は推理小説のようにちゃんと解ける謎ではなく、作者にもわからない謎。

(3)そもそもアート系のスタッフばかりで脚本を書ける人がいない
うん…。

(4)面白い作品を作る作家でオシャレ系方面に興味のある人があまりいない
オシャレ系、アート系の要素は個性が強すぎて王道ストーリーの作品には組み込みづらいのかもしれない。

ちなみにオシャレ系でも化物語やまどかマギカといったシャフト+新房監督アニメは物語もきちんとしてると思う。
PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]