忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

戦国コレクション 全話感想
■1 雑破業
…まぁそりゃいきなりこんなんじゃ平凡な落ちモノハーレムアニメと勘違いして切るよなーと実感する1話。
ハーレムじゃなくローマの休日モチーフのボーイミーツガールものとして見ても薄味すぎて掴みはあまり良くない。
あとこのアニメ全体的に見ると百合寄りなので一話は女の子同士の友情話にした方がわかりやすかったと思う。

■2 待田堂子
待田さん脚本はしっかりした女の子が地道に頑張る話が多くて好感持てる。深夜アニメというよりNHKアニメに近いというか。
「才能より諦めないで努力する事が大事」といったテーマは良いと思うしちゃんと伝わってきたけど、テーマを描くだけで話が終わってしまったような。

■3 雑破業
「百合が好きな人なら楽しめるんだろうな…」以外の言葉が思い浮かばない。
散々つっこまれてるけど萌えアニメの美少女キャラにこういうアゴの長いキャラデザ採用するのは勇気あるよな。

■4 新井輝
この辺で変化球投げ始めてくる。
時代錯誤な雰囲気は好きなんだけど、こういう設定ならそういう展開になりますよねみたいな話で展開にもう一ひねり欲しい感じ。

■5 金澤慎太郎
変化球。
ひねった話でありつつも「こういう設定のアニメならこういった事件が起こりそう」と納得させられる、このアニメじゃないとやれない話。そんな導入部でひきつけて王道逆転劇でスカっとさせてくれる。
基本的に金澤さんの脚本は外れが無い。

■6 関根聡子
平凡な作家に「タイムマシンを使って短い話を書いてください」と頼んだら大体こういうの返ってきそう。

■7 待田堂子
ベースは地味なよくある話だけど俳句やそれぞれ夢を目指して頑張るゲストキャラ達といった味つけに個性。
古い映画をモチーフにしてるせいか全体的にレトロな雰囲気で新鮮。作画にかけたレトロなエフェクトも内容に合ってて綺麗。

■8 金澤慎太郎
このアニメ最大の変化球回。
一言で言えば電波回。最初に見た時はナンダコレだったけど再度見たら基本的なあらすじはわかりやすいのな。小ネタが電波なだけで。哲学風で小難しい会話のやりとりは金澤さんらしい。

■9 新井輝
新九郎があんまり好きになれなかった。外見は好きなんだけどね。

■10 新井輝 
なんか終盤だけ別なアニメの回を組み合わせたようなバラバラ感。

■11 金澤慎太郎
金澤回!…だけど話がいまいちわかりづらかった。自分の理解力が足りないだけな気はする。

■12 新井輝
サタデーナイトライダー!
スタイリッシュ成敗といい新井さんのどう考えてもダサいのに何故か自然受け入れてしまう言語センスはすごい。

■13 雑破業
雑破業さん、好きですね…百合。
善住坊やアゲハのキャラは好きなんだけど話は単調。主にメインの暗殺シーンがワンパターンなのが原因だろうか。

■14 待田堂子
萌え四コマ回。
このアニメに限った事じゃないけど闇鍋ネタってよっぽどひねらないと面白くするのは難しいと思います。

■15 新井輝
10話の新井回でも似たようなこと思ったけど幽霊屋敷の話が投げっぱなしで消化不良だし、幽霊屋敷話と終盤の展開との関連性がよくわからない。

■16 金澤慎太郎
金澤脚本なのでロシアンルーレットで知略戦くるかー?!とワクワクしてたらそうでもなかった残念。
とはいえこれはこれで良い話。

■17 関根聡子
7話と話がかぶってる気もするけど豚が良いアクセントに。
豚のしぐさがやたら可愛い。

■18 待田堂子
このアニメでは珍しい鬱回。
鬱回とはいえ視聴者を泣かせようとするあざとさは無く、むしろ前向きさを感じるのはこのアニメらしいし好感もてる。多分これは作中で暗い要素よりも「偶然のラッキー」を強調してるせいだと思う。
缶詰工場で働く孤独な一人暮らしの少女って時点で萌えアニメのテンプレから外れすぎだよな…いまさらだけど。

■19 雑破業
探偵モノパロディかーと安心させておいて最後に「これをやりたかったのか!」とハッとさせられる。
一人のキャラの内にある一つの気持ちを描くのにまるまる30分費やすのは贅沢であり丁寧だ。

■20 雑破業
めずらしくストーリーアニメっぽい過去話回。20話にしてはじめて戦国界と秘宝についてまともに説明された気がする。

■21 新井輝
変化球回。
キャラは魅力的で話も王道で演出もよくできており、もう言える事は何もない。
とにかく信玄とフサードのほんわかとした熱いやりとりが素晴らしくこのコンビをこの一話だけで終わらせるのはもったいない。

■22 新井輝
このアニメの大人の女性ってみんな渋くてカッコ良くて殺伐としている。
何気にゲストの刑事のキャラが良かった。

■23 金澤慎太郎
一番人気なのも納得な変化球回。
こういった「大人顔負けな頭脳を持つ園児」はアニメではよくある設定だけど、大人を振り回すのではなく大人の言いつけをきちんと守りまともに園児してるのがすごい。これにより「園児なのにハイスペック」というギャップが強調され不思議さが際立っている。
金澤脚本回がすばらしいのは演出の金子伸吾さんの功績も大きいのだろうな。別な人が脚本の金子演出回の19話も良かったし。

■24 待田堂子
2話の続編。今回はちゃんとひねりがあったぞー!

■25 新井輝・雑破業
最終回直前にやるような雰囲気の話ではないという事は覚えている。

■26 雑破業
話は悪くないと思うんだけどひたすら眠くなるバトルアクションで台無し感。後藤圭二さんアクション演出苦手なんだろうか…。他の回のアクションは良かったのでベテランの人に頼んだ方が良かったんじゃないかな。
そんなモヤモヤ感もラストで描かれる「これまでの登場人物のその後」で吹き飛ばしてくれた。
26話全部見てよかったな、としみじみ実感できる爽やかな感動のあるラスト。一期EDのBGM以外音声一切ないのも色々妄想の余地があって楽しい。




◆まとめ
面白い回と眠くなる回の差が激しい。とはいえ極端に酷い出来の回も無い。
適当に1~2話だけ見てどういう作風なのか判断できるアニメではないのは確か。
これから見る人は5話ぐらいまとめて一気見してみるか、まずは評判の良い回だけチェックしてみたほうがいいと思う。
評判がいいのは7・8・18・19・23話あたり。
1・19・20・26話と4・15・22話以外の話はほとんど独立してるのでいきなりどれから見ても問題ない。

作風バラバラなオムニバスのようで意外と統一感あって散漫な感じはしない。
統一感を感じた要素はこのへん。
「基本的に心温まるイイ話」「レトロな雰囲気」「一部を除き主要キャラはみんないい人」「人と人との強い絆を描く」「ライト百合」「武将の武器は無機物を切るかみね打ちをするためにあり、人を傷つけたり殺したりしない」「中年~老年キャラもきちんと描く」



「可愛い女の子出しとけばあとはこっちの自由に作っていいよね!」みたいなスタンスは最近で言うと「人類は衰退しました」「モーレツ宇宙海賊」「魔法少女まどかマギカ」「ガールズ&パンツァー」あたりのアニメに似ている。この辺は比較的高年齢層がターゲットなのかも。
この手のアニメは落ち着いた雰囲気、深夜アニメの流行から外れた新鮮味のある事をやる、キャラに人間味があって好みなのでこれから先も期待したいところ。
PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]