忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマノススメ素晴らしいなぁ
現在5話視聴中。

良いなぁ…。
話は王道で特に大きな事の起こらない日常ものなので見終わった後面白い!と興奮するようなタイプではないんだけど、精神的満足度が高い。

(1)作画や演出が良い
3分アニメなのでベテランのスタッフ(主に監督と作画監督の人)がしっかり手を入れられるせいか、毎回丁寧でクオリティ高い。
松尾さんキャラデザの女の子がとても可愛い。京アニ出身のアニメーターさんらしいけどなんで京アニはこの人のキャラデザでアニメ作らなかったんだろう。
背景も水彩っぽすぎずリアルすぎず綺麗だしアニメキャラ絵とよくマッチしてる。山がメインのアニメでここまできちんと背景描いてもらえるのは登山シーンに期待できて嬉しい。

(2)3分だけど短さをあまり感じない
どうして短く感じないのか上手く説明できないけど、3分内で起承転結やってるのに展開の慌しさをあまり感じないのは監督の腕がいいんだろうな。

(3)題材が良い
登山ってアニメであまり見ない。アニメで夏休みにどこかに遊びにいくというと大抵海、もしくは登山じゃなく軽いハイキング。
少なくとも私が今まで見てきたアニメで見た記憶がない(多分探せばあるんだろうけど)
ガルパンやちはやふるもそうだけどあまりアニメで見かけない題材を王道ストーリーでやるタイプは新鮮でありつつも冒険して失敗する危険性は薄く安心して見れる。

(4)登山関連の描写が丁寧
この手の専門的なものを題材にしたアニメはマニアの視聴者からツッコミが入りがちだけど、いまのところそんなにツッコミ入ってないようにみえる。
(本格的な山に登りはじめてからどうなるかが怖いが)

(4)全体的なデザインセンスが良い
公式サイト、タイトルロゴ、ED、本編の配色などのセンスが良いし統一感ある。
世間の登山イメージである渋さやゴツさを感じず、それでいてナチュラルなので山の雰囲気に良くあってる。
あとタイトルも全然流行りのフォーマットに沿ってなくて他のアニメとかぶってなく好感持てる。

(5)日常ものなのに飽きない
女の子がまったり雑談したり遊んだりする日常系アニメは途中で眠くなるのでいつも視聴継続できないんだけど
このアニメは3分なので眠くなる前に終わる

あと主人公に「高所恐怖症を克服していく」「インドア派から離れ友達と仲を深めていく」「山を好きになっていく」という成長・青春要素があるので日常アニメとはちょっと違うのも眠くならない理由の一つかも。

(6)キャラがデフォルメしすぎてない
強くキャラ付けをしすぎてないのがこのナチュラルなアニメの雰囲気に合ってていい。
主人公をひっぱっていくウザキャラのひなたは意外と空気読めてたり不快に感じない程度のウザさに抑えてるし、主人公もたまにモノローグで毒づいてみたり大人しい気弱キャラという記号におさまってない。
全員のキャラ揃ってないので確実には言えないけど、新キャラの登山好きな楓も周りに自分の趣味を押し付けるようなキャラではなく純粋に登山が好きなのが伝わってくる良キャラだったので多分みんな大丈夫そう。

(7)展開が急がず慌てず丁寧
最近は展開を速くして視聴者を飽きさせないようにする深夜アニメが多い中、一歩一歩階段を歩くようにゆっくり。
他のアニメだったら多分ひなたがあおいを誘った直後すぐ強引にいきなり本格的な山に連れて行き頑張って登り苦労したけど頂上からの景色に感動!という展開だったかもしれない。
おかげで登山した事ない視聴者が同じく登山未経験で少しづつ登山に近づいていく主人公に感情移入しやすい(私は登山経験あるけども)

普通展開遅いと眠くなりそうな気がするけど3分なので眠くならない

(8)親(大人)の存在を排除しない
親の存在感のないアニメが悪いという訳じゃないけど、完全に女子高校生達だけで登山にいく展開になると不安になる。
登山に詳しいひなたの父の存在はファンタジーになりすぎるのをふせいでいて、安心する。

(9)OPが無い
ショートアニメってCDを売るためなのか本編の短さに見合ってない長さのOPとEDがついてる印象あるけど、このアニメはOPが無い。OPの代わりにタイトルロゴのみという男らしさ。
おかげで気軽に繰り返し見れる(ニコニコで見てるのでOP飛ばそうとするとシークバーを正確な位置に動かすのに手間がかかる)
EDも短いので毎回最後まで見てしまう。CMはあるけどまぁそんなに長くないしね。

(10)一巻買えば揃えられるBD
アマゾン価格で5500円ぐらい。アニメBDって異様に高いイメージあるけどこれなら買いやすい。
(これに限らずショートアニメはみんなそうだけどね)

もしこのアニメが最初からOVAとして企画されたとすると、多分一巻に1~3話ぐらいしか入ってなかったと思う。
このアニメの場合12話(+特典1話)も入る。
一話一話が短いとはいえ話は進むし充実感がある。

ちなみにDVDは発売されません。時代を感じますね。



放送前は「ストーリーものっぽいのに3分アニメとかガッカリ…」と思ってたけど
ショートアニメ特有のぶつ切り感や忙しさや物足りなさがあまりなく、逆に3分アニメの利点を上手く生かしてるように見える。
ただやっぱ間が短すぎたりモノローグが早口になってたり何気ない日常シーンが省略されてる感は否めないので、もし二期をやるなら多少クオリティ落ちても6~10分ぐらいは欲しいかなーって気はする。
原作ストック足りないかもしれないけど、ちゃんと登山について調べた上で書くならオリジナル脚本でも問題なさそうに感じる。
PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]