忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キャラがみんな良い子で仲がいいとキャラの魅力が薄くなるなーという話
・ガールズ&パンツァー
・ビビッドレッド・オペレーション
・咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A

この辺のアニメは
主要キャラがみんな良い子で仲が良くて、無難すぎてつまらないなーと思う。
正確に言うと仲が良いというか、ひたすら甘々な感じ。
萌え四コマならアリなのかもしれないけどバトルものや青春ものだとある程度反発しあったり意見の食い違いやすれ違いないと物足りない。


■「全員良い子キャラ」が魅力が薄い理由

(1)キャラのやりとりが無味無臭
大抵NHKの幼児向け番組(子供より子供の持った大人を安心させるために作ったような番組)のようになる。
キャラの会話の記憶が視聴したあときれいさっぱり消えてしまう。
脚本のほうで何か工夫があれば面白くなるのかもしれないが。

(2)友情が育ってく様子を楽しめない
最初から友情ゲージMAXなので。

(3)キャラの個性がよくわからない
みんな「良い子」設定なので当然似たり寄ったりなキャラにみえる。

(4)ボケとツッコミが不在
一応あるにはあるけど(ガルパンの華が沙織の男にモテようとして空回っている事にツッコミを入れる等)本気でツッコミ入れてるように見えず薄い。
ギャグやコメディシーンが面白くない。


■「全員良い子キャラ」設定になる理由
多分「嫌われるキャラを一切入れないようにしよう」というポリシーでキャラ設定するとこうなるんじゃないかな。
実際話を作りやすくする「自分勝手に相手を振り回すトラブルメイカー的キャラ」は一番人気のないキャラになりがちなのでわからなくもない。
ただ視聴者の機嫌を伺うだけで冒険心がないなーとも思う。

でも百合が好きな人はこういう甘々の設定のほうが需要高かったりするんだろうか。うーん。
PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]