忍者ブログ

ただのメモ帳

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Ibが人気でた理由
狂気に満ちた美術館からの脱出――その先にある感動。口コミで広まったフリーゲーム『Ib』の人気の秘密に迫る - ファミ通.com

何かを表現したくなる後味、世界観とストーリーの魅力……それこそがヒットの理由と言えるだろう。


えーと…
それもまぁ理由の小さな一つではあるだろうけど、これだけじゃあそこまで短時間で爆発的に二次創作されまくった(しかもほとんどが女性)理由にはならんのでは…。
これぐらい後味や世界観やストーリーが良いのにあまり二次創作されなかったフリゲ沢山ありますよ。

そもそも続編や派生が作られた訳でも無い、短編フリゲ単体が人気でること自体異常(「愛と勇気とかしわもち」のようにインパクトのある一発ネタが受けたタイプは除く)


・カップリング好きな人に受けた


これが主な理由じゃないの?
女児とオカマという恋愛を発想させないように配慮した設定のキャラ達のガッチリとした友情が、逆に「作中に表現されてない男女カップリングを妄想するのが好きな人」のツボにきたんではないかと。
これは作者が狙った訳じゃなく偶然。

この火種に「ニコニコの実況動画というホラーフリゲの知名度を底上げする性質」「Pixivの他人の便乗でブームに乗っかるのが好きな性質」「フリーゲームの無料で誰でも楽しめるという性質」がブームを更に燃え広がせたかんじ。
この一時的に二次創作人気が燃え広がってすぐ鎮火した流れはキルコさんに似てる。


もちろん一つのゲームとしてもちゃんと評価されていて、キャラ萌え以外の方面でも人気もあるにはあるけど、多分それだけだったら他の名作短編フリーゲームのように静かに地味に評価されて終わったろうなぁ。

出来の良いアマチュアオリジナル創作って爆発的人気がでるかマニアに地味に評価されて終わるかのどっちか両極端で寂しい。もちろんほとんどが後者。
PR
  
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ness
Copyright ©  -- 個人用メモ帳 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]